消費者金融 返済利息を抑える

> 消費者金融の利息を抑えるには返済期間を短くする
お金が足りないキャッシングしたい

消費者金融の利息を抑えるには返済期間を短くする

消費者金融というと高金利で貸し出しているというイメージが強いですがそれは昔の話で現在では利息制限法の上限を超えて貸出してはいけないと定められています。
とはいえ今現在も違法な金融業者はたくさん存在するので注意は必要です。

元々の賃金業法で定められた利率等が消費者のほうからすると緩和されたと言えば良いでしょうか。そういった意味で昔のイメージとも違いますし大手の銀行も消費者金融業に参入してきましたし、
テレビCMも度々流れていて安心してご利用できるようになりました。
現在の利息については消費者金融の利息についてで案内しています。

利息は借入期間に関係してくるのでなるべく元金を早く返済する

消費者金融の利息は日割計算でご利用した日数分だけに付きます。
早く返済すればするほど、期間が短ければ短いほどお得です。

消費者金融の返済は残高スライドリボルビング方式を採用していることが多いです。
残高スライドリボルビング方式では借入残高に応じて毎月の約定返済額が変わります。
この額は最小でこれ以上なら自由に決めることができます。

月々無理のない範囲で設定されており余裕のない時には楽なのですが、
最小のままだと借入額が多いと長期間お支払することになります。
小まめに提携ATMで追加入金されておくと良いです。

返済が滞らないように返済計画を立てる

もし返済が困難になり滞納してしまっても、いきなり自宅や職場に
取り立てに来ることは無いですが、自宅にお電話が掛かってくることがあります。
今月は厳しい時は一時的な減額に応じてくれることがありますが、
お電話があっても無視してしまうと遅延損害金を請求されてしまいます。
遅延損害金は通常の実質年率より高めに設定されており、遅れた分に適用されます。
滞納するとご利用限度額が減額されたり、新規借り入れが出来なくなることもあります。
消費者金融をご利用する際はきちんと計画を立てることが大切です。

借り入れについて

COPYRIGHT© 2014 キャッシングの借り入れとは?  ALLRIGHTS RESERVED.